第二新卒になる理由

第二新卒の転職を成功させるか、それとも悲惨な目に合うのか・・・それはあなた次第!

第二新卒になる理由

就職難が叫ばれる昨今、せっかくいい会社に入れたのに、何故かと思う位、早期に退職する人が後を絶ちません。

今正にピカピカのフレッシュマンとして街を練り歩いている新入社員たちも、3年後には3分の2程度似なってしまっているのです。

そこで近年、そうした入社3年以内に離職する若者たちを第二新卒と呼ぶようになりました。

けれど、彼らはきっと、相当な苦労をして内定を取り付け、卒業後すぐに入社したはずなのです。にも関わらず、何故、第二新卒になってしまうのでしょうか?

勿論、彼らには彼らの言い分や考え方はあるでしょう。

まず、周囲がいい会社だと思っても、本人にとってはそうではないというパターンが圧倒的多数です。

そして、その理由としては、労働環境の悪さや人間関係の難しさが上げられています。
給料が安い、仕事がきつい、残業が多い、ノルマが高い、上司が煩いなどと言った事です。

まあ高度成長期を支えて来たお父さん世代が見れば、そんなの当たり前なのかも知れませんが、今のおゆとり様族にとっては、そこは多少なりともブラック企業なのでしょう。

しかし、だからと言って、必ずしも彼らのいた企業が本当にブラック企業とは限ってはいませんよ。

やはり単に本人の能力や性格に合わない、あるいは、理想と現実が違うという事の方が多いようです。

実際、多くの第二新卒者たちが、なんとなく入った会社だったり、本命を滑って、しかたなく入った会社だったから、やっぱりつまらない、辞めようと思ったと答えています。

さらに、就労しているうちに、もっと別の仕事がしたくなったとか、他の業界の方が自分には合っているような気がしたと言う人も大勢いますね。

けれど、中にはとにかく入れてくれたので入った派いいが、そこは正真正銘のブラック企業で、このままではボロボロになってしまうと思い、早期離職を考えたという人も少なくはありません。

やはり苛酷な労働条件を強いる企業が多数存在するのもまた事実ですから、第二新卒となった若者たちだけを一方的に我が儘だとか、忍耐力が足りないと言って攻める事は出来ないのです。