第二新卒のパターン

第二新卒の転職を成功させるか、それとも悲惨な目に合うのか・・・それはあなた次第!

第二新卒のパターン

一般的に言われる第二新卒というのは、
卒業後に一度就職し、その後、3年以内にそこを辞めた人たちの事です。

しかし、この第二新卒には、大きく分けて2つのパターンがあります。

まず一つ目は、離職後すぐに新たな就職先を求めて就活を再開する人で、その場合は、未だ就労経験を殆ど持たない既卒者よりも、かなり優位に活動を勧められると言われています。

ただし、そのブランクが長くなれば、単なる既卒者扱いか、下手をすれば、年齢的にそれ以下になってしまう可能性も低くありませんから、とにかく早急に動き回る事が肝心でしょう。

一方、実は今まだ会社は辞めておらず、毎日普通に出勤しているが、近いうちに退職し、転職しようと考えているという謂わば第二新卒予備軍と呼ばれる人も大勢いて、彼らはもうすでに離職してしまった人たちにとっては強敵ともなり得るライバルです。

何故なら、現職中に就活をするという事は、勿論在職中の企業にとっては許されざる裏切り者ですが、求人を出している企業にとっては、注目するべき点の非常に多い若者だからです。

まず、転職を考えるという事は、今の職場や仕事に多少なりとも不安や不満を持っている事は間違いありません。

それでも、取り敢えずはそこにいるという忍耐力や堅実性は社会人としては大切なもの。

さらに、現職を維持しながら就活をするというずるがしこさも、企業戦士には必要なものです。

加えて、今の自分には満足出来ず、さらなる向上を目指すやる気とパワーが漲っている訳ですから、これは是非とも欲しい人材だという事になるんですね。

という事で、現役で第二新卒枠を目指した就活をするというのは、実に賢い方法だと言えるでしょう。

実際、会社というところは、入れてもらうのは本当に大変ですが、出るのは比較的簡単です。

なので、それが自分にとって夢を抱ける仕事や職場でないと分かれば、無理して心身がボロボロになるまで働く必要はありません。

本当にやりたい事が定まったら、転職を考えるのも大いにありです。
ただし、慌てて辞める必要もない訳で、退職願を出すより先に就活!

私と考えを同じくする優良記事を見つけました。

「仕事はまだ辞めるな!転職活動は働きながら行うべし」

バカ正直に仕事を辞めてから転職活動をすると、次の仕事が決まらなかったときのリスクが大きいのと、お金がなくなってきて、焦りが出てくる。平常心を保てなくなる可能性もあるとのこと。全く同感です。

現役の企業戦士としてのポジションをフルに生かした転職活動を試みられる事をお勧めしたいですね。