就職してから後悔する新卒の方々

第二新卒の転職を成功させるか、それとも悲惨な目に合うのか・・・それはあなた次第!

就職してから後悔する新卒の方々

大学生や高校生の就職内定率が低くなっている、とニュースなど報じられるようになってから、もうどれ程経つのでしょうか。

ほんの20年程前までは、就職を希望している学生の数よりも、求人数のほうがずっと上回っていたのですが、この20年で状況は大きく変わって来ています。

大学や高校で真面目に勉強してきた学生が、なかなか就職出来ないという現状を嘆いているだけでは仕方がない事は分かっていますが、こういった状況を何とか打破する事は出来ないのか、と歯がゆい気持ちになるのが正直な所です。

そんな厳しい状況の中、就職活動に打ち勝って企業の内定をもらう時は、誰でもホッとするものです。これで一つの大きな難関を突破出来た、とすがすがしい気持ちになる事でしょう。

ですが、実際に社会に出てみると、仕事に慣れて行くに連れ、このままこの会社で働いていていいのだろうか、と言う疑問を持つ方も多いようです。

また、高齢化社会が進んでいる中で介護関係の仕事に就いたものの、自分にはこういう仕事は合っていないのだ、と仕事を始めてから気付くケースも多いようです。

こういった場合、我慢して今の職場に残るか、第二新卒として新たに就職活動を始めるか迷ってしまうと思います。

新卒で就職した人の場合、アルバイトの経験は沢山あるかもしれませんが、正社員として働いた経験はもちろん初めての事でしょう。アルバイトと正社員とでは待遇も違いますが、その他の事でもかなり違ってきます。

そういった社会の中で数年過ごしてみて、この会社では長年働きたくないと仕事を辞める人も多いようです。

そういった場合でも、第二新卒の方専用の就職応援サイトがありますので、そういったサイトを活用して、自分に合った就職先を吟味するのもいいのではないかと思います。

男性も女性も、結婚するしないに関わらず長く働き続ける人が増えています。納得できない職場で不満を持ちながら働き続けるよりも、新たな活躍の場を求める事に決めても良い場合もあります。

家族や回りの人からは非難めいた言葉を投げかけられるかも知れませんが、仕事をするのはご本人ですので、自分の納得の行く職場で、活躍して欲しいものです。